かみ合わせが悪い(過蓋咬合)原因と影響

CONTACT お問い合わせ

過蓋咬合 “深いかみ合わせ”
over-occlusion "deep interlock"

  • HOME
  • 過蓋咬合 “深いかみ合わせ”

上下顎前突について

上下顎前突について咬み合わせた時に下の前歯が見えない位、前歯の咬み合わせが深い状態を言います。一見歯並びが悪くなさそうなことが多いのが特徴です。

ご本人もあまり歯並びを気にしたことがないということが多く、咬み合わせが悪いと知ると驚かれることもあります。しかし、この過蓋咬合は顎関節に負担となることが多く、その意味でも治療が求められます。

原因として考えられることの一例

  • 遺伝的なもの
  • 歯の生え変わりがうまくいかなかったもの
  • 永久歯の先天欠如
  • 舌の筋力に問題があるもの等が挙げられます

ハンディキャップとなるうる点

  • あごの関節に非常にストレスがかかり、顎関節症の原因になる事が多い。
  • 体のバランスを崩し、自律神経失調症や不定愁訴の原因になる事がある。
  • 歯ぎしりがうまく出来ず、肩こりの原因となることが多い。
  • 年齢を重ねると奥歯の負担が大きいので、歯の抜ける原因となります。
  • もし歯が抜けても、入れ歯やインプラントを施すのが難しい。
  • 年齢的に粘膜が弱ってきた時に、口内炎になりやすくなる。



この症例の特徴と悪影響

この症例の特徴と悪影響 イメージ画像見た目はそれほど気にならないし、今のところ特に困ったことがないと思われますが、50~60代の年齢になってくると、急速に問題が起こってくるのがこの過蓋咬合です。この紙面だけでは理由を説明するのは非常に難しいのですが、最も歯を失いやすく、失った場合に最も修復が困難な症例なのです。入れ歯が合わないなどの問題が起こりがちです。
さらに、肩こりや、朝起きたときの顎のだるさの原因となっている場合が多いのも特徴です。数ある不正咬合の中でも、私が最も治療が必要だと感じている症例の一つです。

CONTACT

お電話でのご予約・ご相談075-311-5811

お問い合わせ

〒615-0071 京都府京都市右京区山ノ内西裏町15-2
TEL075-311-5811

地下鉄東西線「太秦天神川駅」徒歩10分 京福電鉄嵐山線「山ノ内電停」徒歩3分

診療時間
9:30〜12:30 ×
14:30~18:00 × ×

休診日:土曜午後・日曜・祝祭日
※初診時には、現状の診査等をすべて行います。
おおよそ3.500円(3割負担の場合)となります。
保険証、お薬手帳(または服用薬の説明書類等)を
ご提示願います。

Copyright (C) Murai dental clinic All Rights Reserved.

ページトップ