上下の歯が出る原因と悪影響を解説

CONTACT お問い合わせ

上下顎前突 “上下の前歯が出ている”
mondibulor frontal collision "upper and lower front teeth are out"

  • HOME
  • 上下顎前突 “上下の前歯が出ている”

上下顎前突について

上下顎前突について一見デコボコもなくきれいに並んでおり歯並びが良さそうですが、上下ともに前歯が前方へ突出しており、横から見た時に口元が出ている状態がこの症状です。

上顎突出と同様に、治療を行うと横顔の輪郭がすっきりし、変化が見た目に著しく現れます。患者様の中には、上顎突出だと思いこんでいたが、実はこちらの症状だったという方もいらっしゃいます。

原因として考えられることの一例

  • 遺伝的なもの

ハンディキャップとなるうる点

  • 口を閉じづらく、前歯が乾燥しやすくなる。
  • ムシ歯や、歯周病になりやすくなる。
  • 口元が出ている。



この症例の特徴と悪影響

この症例の特徴と悪影響 イメージ画像上下顎前突は、一般的には不正咬合だとは認識されていません。なぜならば、一見きれいな歯並びに見えることが多いからです。

しかし、この症例の場合には、前歯が前に反り出しており、正常な方に比べて口を閉じにくい状態になっています。治療をすることで一番変化があるのは、口元の形です。

上下顎前突だと、鼻の先と顎の先とを結んだE‐ラインよりも唇の先が突出しています。上下顎前突を改善すると、E‐ライン上に唇の先が一致するようになり、口元がすっきりします。改善すると、外見上のメリットが大きい症例です。

CONTACT

お電話でのご予約・ご相談075-311-5811

お問い合わせ

〒615-0071 京都府京都市右京区山ノ内西裏町15-2
TEL075-311-5811

地下鉄東西線「太秦天神川駅」徒歩10分 京福電鉄嵐山線「山ノ内電停」徒歩3分

診療時間
9:30〜12:30 ×
14:30~18:00 × ×

休診日:土曜午後・日曜・祝祭日
※初診時には、現状の診査等をすべて行います。
おおよそ3.500円(3割負担の場合)となります。
保険証、お薬手帳(または服用薬の説明書類等)を
ご提示願います。

Copyright (C) Murai dental clinic All Rights Reserved.

ページトップ