京都で小児矯正を取り組んでいる歯科医院

CONTACT お問い合わせ

子供の矯正children's orthodontics

  • HOME
  • 子供の矯正

子どもの矯正では顎の成長をコントロールする

矯正治療を受ける子どもの人数が大人よりも多いのには理由があります。子どもの頃に矯正治療を行うことで、顎の幅を広げたり、適切な顎の位置を確保したりし、永久歯列期に備えることができるためです。永久歯が生え揃うと、基本的には歯自体に力を加えて動かしていく方法となります。顎を広げるなどの措置が取れないため、複雑な不正咬合の場合は外科手術が必要となることもあります。

子どもの頃に矯正治療を相談しておけば、適切な時期に治療を開始することができます。相談するタイミングが早すぎるということはなく、まだ好機でなければ、しばらく経過を見ることになります。子どもの矯正治療では 顎の成長をコントロールしながら、永久歯が全て並ぶ適切な咬み合わせを目指します。。

自然で美しい顔立ちに成長することが期待できます

不正咬合には上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)などいくつかの症状があります。不正咬合のデメリットは、咬み合わせが悪く消化によくないことや、ケアがしにくいことだけではありません。顔貌にも影響するおそれがあるのです。

乳歯列期から治療を開始すれば、不正咬合の発生を抑え、 自然で健全なお顔立ちに成長することが期待できます。そのためには、永久歯が生え始める前には歯医者に相談をしておくことをお勧めします。永久歯が生え揃ってしまうと、歯を動かす治療が主体となりますので、顎の前突を治すのには限界があるためです。治療開始年齢が低いほど、万全の準備をもって矯正ができるのです。

ネオキャップ・ビムラー矯正を採用

子どもの矯正治療は顎の幅を広げる床矯正が主流ですが、当院ではネオキャップ・ビムラー矯正という治療方法を採用しております。これは日本で開発されたネオキャップという矯正方法とドイツ生まれのビムラー矯正を並行して行う機能矯正方法です。

奥歯にかぶせ物をするネオキャップによって適切な顎の高さと咬合力が得られ、取り外し可能なビムラー矯正装置によって舌・顎・頬の力のバランスが得られます。




ネオキャップ・ビムラー矯正の特徴

  • 夜間に装着するだけで治療が可能
  • 痛みが少ないため、小さなお子様でも治療を受けやすい
  • 抜歯が必要になることがほぼない
  • ワイヤー矯正よりもむし歯になりにくい
  • 大きな力で歯を動かさないため、後戻りが少ない
  • 歯と顎を同時に改善できる
  • 指しゃぶりや舌癖の改善も期待できる
  • もしも装置の使用を怠ったとしても、現状よりも悪化しない
ネオキャップ・ビムラー矯正検査
歯科ドッグ、模型、レントゲン 6,000円

※金額は全て税抜き価格です。

永久歯が生え揃ったらワイヤー矯正へ

子どもの矯正は混合歯列期までの第一期治療と、永久歯が生え揃ってからの第二期治療に分かれています。第一期治療では顎の幅を広げる治療や機能矯正を中心に行いますが、第二期治療では実際に歯に力を加えて適切な位置に動かしていきます。治療方法としては、歯にブラケットを付け、そこにワイヤーを通すワイヤー矯正が主流です。

子どもの矯正を第二期治療から始めるという方はこのワイヤー矯正を行います。第一期治療を受けて既に問題のない歯列が得られていれば、ワイヤー矯正は不要となります。

料金はこちら
  • 大人の矯正 Adult orthodontics
  • 子供の矯正 Children's orthodontics
  • 矯正の種類・費用
  • 歯並びの怖い影響
  • よくあるご質問
  • 村井歯科矯正ブログ
  • 村井歯科医院
  • 京都入れ歯相談室

CONTACT

お電話でのご予約・ご相談 0120-118-205

お問い合わせ

〒615-0071 京都府京都市右京区山ノ内西裏町15-2
TEL0120-118-205

地下鉄東西線「太秦天神川駅」徒歩10分 京福電鉄嵐山線「山ノ内電停」徒歩3分

診療時間
9:30〜12:30 ×
14:30~18:00 × ×

休診日:土曜午後・日曜・祝祭日

Copyright (C) Murai dental clinic All Rights Reserved.

ページトップ