前歯が出ている人の原因と悪影響について

CONTACT お問い合わせ

村井歯科矯正ブログ
BLOG

乳歯から永久歯に完全に生え変わってから矯正をした方がいいのでしょうか??

2018年11月30日

カテゴリー: 矯正歯科コラム

矯正治療をどのタイミングで始めるのかという問題は非常に難しい問題です。矯正治療を受けるに当たり乳歯が生えているタイミングで矯正治療を受けるのか、それとも永久歯に完全に生え変わってから矯正治療を受けるのかによって矯正治療の結果は大きく左右されてしまいます。矯正治療についての基本的な知識を皆さんに詳しくご紹介いたします。

 

矯正治療を受ける上で皆さんに是非ご存知いただきたいのが、矯正治療は早めに受けた方がいいということです。矯正治療というのは実は骨の形のコントロールや歯並びのコントロールを行う治療で、骨が柔らかく成長途中の方が実は仕上がりが非常に美しく仕上がります。

 

矯正治療には成長方向のコントロールを行うという目的があり、実は早期からの矯正治療は仕上がりに大きな差をつける要素になるのです。

 

乳歯が生えているタイミングで歯並びに異常が見られる場合には成長の方向をコントロールし、見た目や歯並びに問題がないように調整することができます。乳歯というのは永久歯が生えてくることができるように治療のスペースを確保するという非常に重要な役割を持った歯です。

 

しっかりと矯正治療を受けることができるよう、乳歯が生えている段階で、一度歯医者と相談し、適切な成長方向のコントロールを受けるようにしましょう。

 

矯正治療の検査は痛いものはなく、子供でも受けることができる検査ばかりです。不安なことがある場合にはすぐに歯医者に相談するように心がけ、しっかりと治療を受けてください。


あなたへのおすすめ

指しゃぶりと歯並びについて

2020/09/19

カテゴリー:矯正歯科コラム

詳しく見る

TCHについて

2020/09/09

カテゴリー:矯正歯科コラム

詳しく見る

矯正治療はなぜ必要なの??

2020/09/02

カテゴリー:矯正歯科コラム

詳しく見る

CONTACT

お電話でのご予約・ご相談075-311-5811

お問い合わせ

〒615-0071 京都府京都市右京区山ノ内西裏町15-2
TEL075-311-5811

地下鉄東西線「太秦天神川駅」徒歩10分 京福電鉄嵐山線「山ノ内電停」徒歩3分

診療時間
9:30〜12:30 ×
14:30~18:00 × ×

休診日:土曜午後・日曜・祝祭日
※初診時には、現状の診査等をすべて行います。
おおよそ3.500円(3割負担の場合)となります。
保険証、お薬手帳(または服用薬の説明書類等)を
ご提示願います。

Copyright (C) Murai dental clinic All Rights Reserved.

ページトップ